スキルがあれば市場価値を高められる

Business

転職探ししている方や現在特にやりたいことがない方へ向けて僕の考えをお話しします。

そもそも市場価値とは何か

市場価値とは様々な異なる企業からその人一人を見たときに、その人のスキルによって決められる社会における価値です。
世の中いろいろな企業があるので自分の価値というのもその企業によって大きく変わってきます。
例えば、プログラミングができる人ならプログラマーやシステムエンジニアなどでは市場価値が高いですが、プロ野球選手や歌手ではプログラミングというスキルが生かせないので当然市場価値は低くなります。


僕は市場価値を高めるには四つの要素があると考えています。

専門性

専門性とはその業界だけの専門的スキルのことを指します。
その分野に特化しているほど専門性が高くなるので、圧倒的に就職に有利になります。
例えば、全然分野の違うスキルを10個持っている人と同じ分野のスキルを3つ持っている人とでは後者のほうが専門性が高いです。

人間性

人間性とは主にコミュニケーション能力や協調性、マネジメント能力などが挙げられます。
とはいっても、コミュニケーション能力や協調性は社会人においてなくてはならないものなので大体の場合は専門性が優先される傾向にあります。
しかし、どんなに専門性が高くても人とコミュニケーションがとれないなどは当然ダメです。

スキルの掛け合わせ

スキルの掛け合わせとは、その分野のスキルを複数持つということです。
企業によってはスキルを複数持っていることが前提条件とされているところも多く存在するので、ある意味必須の要素となります。

需要と供給

これまでお話しした専門性・人間性・スキルの掛け合わせという要素を全て持ち合わせた人がいるとします。たとえその三つ全て持ち合わせた人がいたとしても、その人が数多く存在していたら企業側からすれば誰でもいいわけで、結果市場価値は低くなってしまいます。
そういう場合は一つ一つの要素の質や量が重要視されており、それが高い人ほど市場価値は高くなります。

おわりに

今現在、誰でもできる仕事(スキルのいらない)をやっている方へ向けてですが、若いうちなら転職は何回でもできると僕は考えています。
そこで転職するならスキルを身につけるか、スキルが学べる職場に入るというのを僕はおすすめします。
市場価値が高くなれば年収も高くなる傾向があるので生活も豊かになることでしょう。
特にやりたいことがない方は何か夢をもつことをおすすめします。
なぜなら多くの方が夢をもつ職業というのは専門的なものが多いからです。
かくいう僕は何もスキルがないので今自分で記事を書いていて絶望していますが、ブログをやることによりライティング能力とマーケティング能力を培えればと思っています。
何事も日々努力だと僕はそう思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました