ノマドワーカーになるには?またそのメリットデメリット

Business

働き場所や時間に縛られないノマドワーカー。
そんなノマドワーカーになるためにはいったいどうしたらいいんでしょうか?

手に職をつける

ノマドワーカーは基本パソコンやスマホなどで仕事をできる人がなることができます。
例えば、ライター、ブロガー、プログラマーやデザイナーなどです。
手に職をつけていればパソコン一つでいつどんな場所でも仕事をすることができます。
しかし、最初は仕事がないので自分で仕事を受注しなければなりません。
仕事をどんどんこなしていき、実績がついていけば仕事を依頼されることも少なくないです。
そうすることで、安定してノマドワーカーになることができます。



ノマドワーカーになるためには手に職をつければいいことがわかりました。
では、そのノマドワーカーになったとして、どんなメリットデメリットがあるんでしょうか?

メリット

時間や場所に縛られることなく仕事ができる

スキルがあればそれだけ多くの収入が期待できる

一人で仕事ができるので精神的に楽

やはり自由度が高いのがノマドワーカーのメリットです。
また、会社に行く必要もないので人間関係で悩むこともないですね。
本人のスキル次第で多くの収入が得られるのもメリットといえます。

デメリット

自己管理能力がなければ長続きしない

いつ仕事をしてもいいので生活習慣が乱れがち

やる気がないときは収入が落ちてしまう

自己管理能力というのは自分をいかにコントロールできるかという能力のことです。
自分で作ったルールを律義に守れる人は自己管理能力が高いといえるでしょう。
一人で仕事をするノマドワーカーは会社のように決まった給料が出るわけではないので、自分のやる気によって収入が減ってしまうのが難点ですね。

誰しも一度は夢を見るのがノマドワーカーだと思います。
ノマドワーカーの中には旅をしながら各地で仕事をしている人もいます。羨ましいですね。
僕もそんなノマドワーカーになりたいのでこのブログを頑張って伸ばしたいと思います。では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました