一人暮らしのおすすめ節約術

LIFESTYLE

今回は僕が普段行っている一人暮らしでの節約方法をご紹介していきます。

電気代

多くの方が生活で一番使うのが電気だと僕は考えます。
おそらく一番電気を使うのはエアコンや電子レンジなど長時間使うものやワット数の高いものだと思います。
長時間使うものは一時間当たりの消費電力を抑えるのがコツです。
あまりパッとしないかもしれませんが、例えばエアコンなら一番消費電力が低いと言われている温度で冬なら暖房20℃、夏なら冷房28℃です。
ワット数の高いものはそもそもあまり使わないというのがおすすめです。
余談ですが、僕は3か月くらい前から電子レンジが壊れてしまって全く使っていません。

ガス代

ガスは都市ガスかプロパンガスかで結構ガス代が変わってきますがストーブを使わなければそこまで高くはなりません。
寒い時期はストーブを使いたくなりますが、一か月普通にストーブを使うと余裕でガス代が一万円を超えてきます。エアコンを使いましょう。
ガスコンロで料理される方は煮込み料理はあまりしないようにしましょう。
もしする場合は多めに作って冷凍庫に保存するのがおすすめです

水道代

水道代はガス代や電気代に比べあまり高くはなりませんが節約する点はあります。
一番水道代が高くなりやすいのは毎日のお風呂や洗濯です。
お風呂はシャワーを小まめに出すのがおすすめですね。僕は自分の下に桶を置いて、髪の毛を洗い終わったときに溜まるお湯を身体を洗い流すためのものとして使っています。
洗濯はまとめ洗いがおすすめです。
洗濯機に入れる量として8割が適量とされています。詰め込みすぎると全体に洗剤が行きわたらなかったり、洗剤が偏ってしまい白く洗剤跡が残ることがあります。注意しましょう。

食費

食費に関しては買う場所やお弁当を作るなどの工夫をすることで抑えられます。
買う場所は欲しいものが一番安く売られているスーパーへ行くことです。
特売のものなどをネットで確認して最も安いスーパーへ行きましょう。
お弁当は作ることでかなり節約できるのでおすすめです。
僕は、本当にお金がないときによくジップロックのタッパにパスタを入れて持って行ってました。

いかがでしたか?
生活費を節約することで、記念日にちょっとした贅沢や欲しいものを買うためのお金にまわすことができます。
僕は洋服が好きなので、洋服を買う前と後の月は水道光熱費が合計一万円で食費が一万五千円ぐらいまで節約しています。
とにかく一番大切なのは、無理なく節約することだと僕はそう思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました