大事なことは先延ばしにしないほうがいい

LIFESTYLE

今日は僕の体験談含め感じたことを書いていきたいと思います。
この記事は、大事なことがあるけどやるのが面倒くさくて先延ばしにしてしまう方におすすめです。

まずは大事なことを先延ばしにした結果どうなるか見ていきましょう。

思考の邪魔になる

生活しているといろんなことを考えなければなりません。
仕事のことや友達との約束、悩み事など人によってさまざまです。
そんなときに大事なことを先延ばしにしてしまっていると、常に自分の頭の中でそのことがぐるぐる巡ってしまい結果的に考える量が増えます
考える量が増えると集中力が分散してしまうので仕事でうまく成果が出せなかったり、いつもはしないミスをしてしまったりします。
時には頭の中で整理しきれずに忘れてしまうこともあります。

無駄なストレスになる

先ほど、大事なことを先延ばしにした結果考えることが増え、集中力が低下してミスが増えるという話をしました。
人間誰しも思い通りにいかなければ少なからずストレスを抱えてしまいます。
ストレスを抱えると冷静な判断力が失われ、普段自分がしないような考え方や行動を起こしてしまいます。
さらにはストレスを発散させるために人や物に当たってしまうなんてこともあり得るのです。


ここまで見た方なら分かると思いますが、良いことが一つもありません。
先延ばしにしてしまうとマイナスの感情すら生まれてしまうのです。
では、こういった問題を回避するにはどうしたらいいのでしょうか?
解決策を見ていきましょう。

すぐに行動する

簡単ですが、大事なことだと感じたらすぐに行動するのが吉です。
人間の脳はマルチタスク(複数のことを処理すること)よりもシングルタスクのほうが得意なようにつくられています。
なので、考えることを増やさないように大事なことはすぐ行動し、解決することが重要となってきます。

いかがでしたか?
今回の記事でたとえ面倒であっても大事なことであればすぐに行動するべきということが伝わったかと思います。
特に今の時期学生の方は春休み中で課題があると思います。
コロナの影響で授業が進んでない分課題をたくさん出されていて面倒だとは思いますが、早めに終わらせてしまいましょう。
僕も経験したことがありますが、課題が終わってないのに遊んでいたら全然集中できないと思います。
最後に、面倒でも始めてしまえばやる気が出てくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました